透析看護師は40代でも転職できる

一般的に転職をしやすいのは、30代までと言われており、40代以上になるとなかなか難しいです。 よほどその人にしかない能力やスキルがあれば、逆にヘッドハンティングなどもあるでしょうが、それはほんの一握りの話でしょう。
【もはや詐欺?】看護師の転職紹介会社がヒドすぎる!

看護師の転職も40代になると年齢制限にひっかかってくることがあります。 しかしそれでも、一般的な転職よりははるかにしやすいでしょう。 看護師は慢性的に不足していることに加え、経験や身に付けた知識、技術が評価される職業でもあります。

転職を考えているけども、40代という年齢が気になってなかなか行動を起こせないという人も、もう一度40代ならではのアピールポイントを考えてみましょう。

40代看護師の転職のアピールポイントと言えば、なんといっても豊富な経験です。 現場での経験が20年ほどあるわけですから、色々な状況に臨機応変に対応してもらえると採用側は判断します。

看護師としての経験だけでなく、家庭生活やプライベートを通して、人間的な懐の深さもあるので、仕事の現場ではそういった部分も評価の対象です。 転職の際には、やはり経験をアピールポイントとしましょう。

特に「自身の強み」を発揮できるアピールの仕方がポイントです。 それまでの職場で、何をどういうふうに経験してきたのか、新しい職場でどう活かせそうなのかをうまく伝えられればよいでしょう。

逆に、耳鼻咽喉科など特定の診療科のみで働いてきた場合、総合病院への転職が難しくなることもあるようです。そういったことも、転職先を選ぶ目安となるでしょう。

また、40代となると管理職として転職できる可能性もあります。 管理職になれば、責任などもありますが、収入も安定し、後進の指導、育成などとてもやりがいのある仕事ができるでしょう。

自分自身の経験が直接活かせる働き方でもあるので、キャリアアップを考えている人にはよいかもしれませんね。 子どももかなり手を離れ、自身を磨けるのが40代でもありますので、転職も前向きにとらえてみてはいかがでしょうか。
茨城県立こども病院

看護師なら知っておきたい看護方式の種類

看護師であれば、看護方式というものを理解しておきましょう。

入院患者の看護をする場合、24時間体制でケアをしなければなりません。 だからといって、一人で24時間見続けることはできませんよね。

病院では複数の看護師でチームを組み、入院患者に対する看護行っています。 そこで、どのような役割分担をするかというのを決めるのが看護方式なのです。

様々な種類があるため、病院によってどの方法取り入れているかというのは違います。 病院の病床数や疾患の種類などによっても看護方式は変わってくるので、一つ一つを正しく理解し、対応していきましょう。

まず、チームナーシングという方式があります。 これは、一つの病棟で二つ以上のチームを作って行う看護方式のことで、各チームは一定期間固定される形です。 チームリーダーが作られ、各メンバーに指示を与えます。 チームリーダーは輪番制となるのですが、なかには固定のメンバーとリーダーでチームナーシングを行うケースも珍しくありません。

チームを組んで行うということもあり一体感が高まるだけでなく、一人一人の看護師に能力の差があったとしても水準を保つことができるというのが大きな魅力です。 ただ、患者さんからすると自分の担当者がコロコロ変わってしまうこともあり、困惑してしまうこともあるようです。

続いてモジュール型看護方式という方式があります。 こちらも2つ以上のチームを編成するという点では同じなのですが、担当を患者さんは入院から退院まで一貫して看護担当するというのが大きな特徴です。

これにより、患者さんは自分の担当を理解しやすく、心を開いてくれます。

プライマリーナーシングという方式でも1人の看護師が患者さんの入院から退院までをすべて担当する方式です。 自分が不在の時には別の看護師であるアソシエートナースが患者さんを見てくれるため、安心できるでしょう。 自分の担当している患者さんをしっかり見ていくことができる方式なので、患者さんと信頼関係を築くのにも役立ってくれます。

看護師のキャリアアップ資格、呼吸療法認定士について

看護師のキャリアアップ資格である「呼吸療法認定士」は意外に知られていない資格のひとつといえるかもしれません。逆にいうと「呼吸療法認定士」の資格を持つ看護師はそう多くはないということから、キャリアアップを目指す際に使いやすい資格と考えることもできるわけです。

「呼吸療法認定士」の資格は、呼吸療法に関する専門的な知識と技術を習得したと認められる者に対して与えられるものです。我が国の超高齢社会化に伴い医療や看護の現場でも高齢者や重症患者を扱う頻度が増えてきました。

そこでクローズアップされているのが高齢・重症患者管理の必要性であり、吸入療法や酸素療法、呼吸理学療法、人工呼吸など「呼吸療法」の重要性です。しかし、残念なことに医療や看護の現場ではこの「呼吸療法」に関する知識や経験のある医療スタッフが不足していることも事実なのです。

こうした現状から、呼吸法に精通した医療スタッフを認定するとともに、医療や看護の現場で呼吸管理を行なえる人材を育てレベル向上を図ろうという目的で発足したのが『3学会合同呼吸療法認定士認定委員会』です。

『3学会』というのは日本胸部外科学会・日本呼吸器学会・日本麻酔科学会をいい、この3種類の学会から選出された委員が認定試験の運営や合否の決定、呼吸療法認定士の認定などを行なっています。

呼吸療法認定士の資格取得のためには『3学会』の認定委員会による講習会を受講する必要があります。この講習会には参加条件のうちのひとつである「常勤看護師として実務経験2年以上」を満たしており、さらに過去5年以内に「認定委員会が認める学会・講習会などに参加し12.5点以上の点数を取得」および「その受講証・修了証の写しを提出」という要件が満たされれば参加が可能です。

上記の条件・要件を満たしたうえで認定委員会の講習会に参加して2日間の講習を修了し、同委員会の認定試験で合格基準に達していれば「呼吸療法認定士」の資格を取得できます。

呼吸療法認定士を持つ医療スタッフの就業先としては、総合病院の臨床工学技士チームや呼吸療法サポートチーム(RST)、集中治療室(ICU)、循環器・心臓疾患の高度専門病院、呼吸器領域専門病院、じん肺(アスベスト)労災診療などを行なう病院、訪問看護ステーションなどが挙げられます。

来的には社会の超高齢化に伴って、さらなる需要も見込まれている呼吸療法認定士は看護師のキャリアアップに役立つ資格といえるのではないでしょうか。ただし、呼吸療法認定士の資格は取得後も5年ごとの更新が必要となり、常に知識と技術を高める努力が不可欠であるという点については事前に充分に内容をチェックしておく必要があるでしょう。

メニュー

ページの先頭へ